古来からの素材

畳は、古来より日本で使用されている床材の一つです。木の板などで作られた芯材にい草で編んだ畳表を被せた構造となっています。畳表はござのような薄い形状をしているため、長年の使用や経年劣化によって自然と摩耗していきます。そのため、いつまでも快適に畳を使い続けるためには定期的に張替えを行うことが推奨されています。 畳表の張替えについては、製造を行っている専門店に対応してもらうことが可能です。また、張替えの期間を短くするためには掃除などのメンテナンスも重要になってきます。その際には、毛羽立ちを出さないために畳の目に沿って拭くことが大事です。また、い草は水に弱いため、雑巾を水で絞らずに乾いたまま乾拭きをするようにします。

畳を購入する際には、製品そのものの料金だけでなく床に張るための工賃もかかります。店によって料金は異なりますが、新品一畳につき1万円から2万円が相場とされています。ただし、張替えの場合はその半分の料金で済むためお得です。しかし、業者によって料金にばらつきがあるため、畳の購入を行う際には事前に複数の業者に見積もりを依頼することが大事になります。見積もりに関しては、一括見積もりサイトなどを利用することで簡単に手続きを済ませることができます。 料金に関しては、使用する材料のランクによっても変動します。最近では撥水加工などの新技術も開発されており、追加料金を支払うことでオプションとして付け加えることもできます。